私の子供がアトピーだと医者からいわれ

私の子供がアトピーだと医者からいわれたのは、2歳になったばかりの頃でした。かゆみがしょっちゅうあり、かゆみ止めとしてステロイドを貰いました。ステロイドを2年あまり治療に使い続けて、気をつけながら子供の様子に注意していたのですが、かゆみや皮膚の赤みが収まってはまた発生してと繰り返し、なかなかその治療の効果がつづいてくれません。結局は、治療を漢方薬を用いたものに変更し、食事内容を見直したことで、小学生になる頃、アトピーに悩まされることもなくなりました。
以前より、乳製品のヨーグルトは便秘解消に効くといわれますが、私の経験によると、大量に食べないと、あまり効果がない気がします。
日ごとに1パックぐらい食べて、お通じがようやくあるぐらいです。ヨーグルト愛好者にはいいですが、嫌いな人も、ジャムを入れて味を変えるなどしてなるべく摂取するとよいでしょう。一般的な乳製品でなくても、含んだ食品が存在することを知り、乳酸菌とは一体何か調べてみました。
いろいろ探してみたら、実は乳酸の菌という意味ではなくて、化学反応を起こして乳酸を作り出す菌類のことをさしていました。
これは常識なのですか?生まれて30年以上生きて来て、初めてわかった事実です。
わたしの母は重度のアトピー患者です。
遺伝したみたいで、私もアトピーを発症しました。
いつも肌がカサカサになって、日々保湿を欠かすことができません。スキンケアをしっかりしないと、外出もできなくなってしまうのです。母のせいではないですが、もしかして、子供にも遺伝するかもしれない思うと、怖くなってしまいます。
乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作るというところでは同じなのですが、ビフィズス菌にはそのほかにも、酢などという菌に強い成分も作り出す働きがあるのだそうです。
ノロウィルスの対策に良いと考えられているのですね。
このごろは、様々な感染症の話を聞くので、摂るといいかもしれません。インフルエンザに感染したことが判明すると学校などには、5日間出席できなくなります。
もし、インフルエンザに感染してしまっても、2、3日で発熱は治まるので、つい、登校する気になってしまうかもしれません。
熱がすっかり下がっても、セキやくしゃみなどにはまだウィルスが残っており、うつしてしまう場合があります。
とにかく出席停止の期間を厳守することが感染を防ぐのに必要なことです。
アトピー性皮膚炎を患っている方の角質層はとくkにセラミドという成分が正常なときよりも少量になっていて、お肌のみずみずしさやバリア機能が下がっています。
補い健康状態にするには、保湿がかなり大事です。
そのために、お肌の表面を守って、保湿剤を使う事が必要なのです。
乳酸菌といえば考えられるのはカルピスですよね。幼いころから、よく、飲ませてもらってました。
なぜなら、乳酸菌が入っているからです。毎朝私に、母親が出してくれました。
そのわけで、私は便秘の経験がありません。カルピスのおかげで大変健康になりました。私にとっては乳酸菌サプリと言われれば、やっぱりビオフェルミンなのです。
昔から知られていたサプリであり、便秘や下痢やお腹が痛む時でも、変わることなく私のお腹を守ってくれていたのでした。
「人には人の乳酸菌」とコマーシャルで言っていますが、私にとっては効果がある乳酸菌サプリとはやはりビオフェルミンなのです。アトピーになると非常にキツイ症状になります。暑い寒いを問わず1年中我慢しがたいかゆみとの格闘になります。
汗をかく夏場は痒みが増し、冬場になると今度は乾燥でかゆみが増します。
また、アレルギーがあることも多く、誤って摂取してしまうと、かゆみだけで終わらず腫れたり、呼吸困難になる恐れもあります。