小さな胸がコンプレックスでも

小さな胸がコンプレックスでも、遺伝なのだから胸は大きくならないと考えている女性も多くいることでしょう。
意外かもしれませんが胸の大きさは遺伝以上に生活環境による影響が大きいようです。
ですから、豊胸手術に踏み切る前に、生活習慣を見直してみることをおすすめします。よくない生活習慣がバストアップを妨げ、胸が小さいのかもしれません。バストアップできる食べ物と言ったら、知名度の高い大豆製品や鶏肉、キャベツなどがパッと思い浮かびますが、こういった食べ物ばっかり摂取したからと言って、胸が大きくなるわけではないでしょう。極端な栄養摂取をしてしまうと、むしろ胸を大きくするどころか効果が表れにくくなってしまうので、偏った食事にならないように注意しましょう。
それ以外にも、胸へ栄養を運搬してもらうため、血行促進することも大切です。最近では、バストサイズをあげられないのは、親からの遺伝というよりも家族間の生活習慣の近さによる原因というのが研究により明らかになってきています。
食生活の乱れや運動不足、充分な睡眠を確保できていないことなどが、胸が成長することを妨げているのかもしれません。親子や姉妹の間においてバストサイズが違うことは、よくあることですから、あきらめる必要はありません。
バストをアップさせるクリームには女性ホルモンを多く出させる成分が入っていて、胸を大きくするという効果が期待されます。
ただバストアップクリームを塗るだけで無く、皮膚から内部へ浸透するようにソフトにマッサージをする方が効果としてより実感できるのではないでしょうか。
ですが、あっというまに胸が育つかといえばそうではありません。バストアップに有効といわれるツボを、押してみてはいかがでしょうか。
具体的なツボとしては、だん中、天渓、乳根などが女性の胸を豊かにするのに効果的であるとして有名なものです。
このようなツボの刺激により、血の巡りが良くなったり、女性ホルモンの分泌される量が増加したり、乳腺の発達に対して効果があると考えられているのですが、即効性を求めてはいけません。バストの小ささにお悩みなら、筋肉を鍛えるというのも効果があります。筋肉を鍛えれば下からバストが支えられて、胸を大きく見せられるようになる可能性が高まります。
ただし筋トレだけを続けたとしても完全に胸が大きくなるとは言えないので、並行して違う方法を行うことも続けなければなりません。心地良い眠りを十分に取ったり、血行を良くすることも必要です。
たくさんのバストアップ方法がありますが、ちょっとずつ地道に続ける方法が一番お金がかからず、体への負担もありません。
しかし、バストアップをすぐにでもしたいとのことならば、ひとつの選択としてプチ整形があります。
お金はかかってしまいますが、確実に胸を大きくすることができるでしょう。
それ以外にも、バストアップサプリを使うのもよいでしょう。
胸を大きくするには、エステのバストアップコースもあります。エステで胸へのケアを行うと美しく、形の良いバストとなるでしょう。
一度だけでなく、続けて行うことで、形などが整うだけでなく、胸自体も大きくなることもあります。けれど、お金が必要ですし、当たり前ではありますが、整形ともまた違い、自分でも常に意識をしておかないと、せっかく大きくなったバストは元に戻ってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です